サンケイカンファレンス 大阪桜橋 | 好立地で大阪最安値クラスのレンタルベース

ブリーゼプラザ内06-6344-4890

受付時間:9:00~17:00 営業時間:9:00~21:00

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 企業・人事担当者向け。会社説明会を開く際に押さえておくべきポイントまとめ

企業・人事担当者向け。会社説明会を開く際に押さえておくべきポイントまとめ

就職活動シーズンを迎えている学生にとって会社説明会は重要です。
会社説明会を通して自分の行きたい会社なのかどうか、やりたい仕事があるのかなどが明確になるからです。

一方、企業の人事担当者にとっても会社説明会は重要です。
いかに自社に興味を持ってもらえるか、ミスマッチを防ぎ、よりよい人材を採用できるかが会社説明会を開催するにあたり大切になってきます。

そこで今回は、会社説明会を開く上で企業の人事担当者が気をつけておきたいポイントを紹介していきたいと思います。

目的、ターゲットは明確に

まずは会社説明会を開く目的を明確にしておくことが必要です。
ただ会社説明会を開いて自社を紹介するだけでは、学生の心を動かすことはできません。

多くの企業が開いている会社説明会。
企業を選ぶ側である学生がどのようなことを知りたがっているのかを具体的にしておくことが大切です。そのために必要なのがターゲットを絞ることです。

参加を希望する学生のターゲットを絞ることで、より自社に適した人材を選びやすくなります。学生側も不特定多数の企業を受けるより、より自分に合った会社に絞り込んでいくことができるので、時間の節約につながります。

説明会では学生が求めていることを伝える

「会社に入ったことで何を得ることができるか。」
「自分が会社に入って働いていくことができるか。」
「福利厚生は充実しているのか。」

学生が企業に求めるものはさまざまです。
仕事を通して得られること、自分自身が成長・自己実現できるか、社内の雰囲気など学生が求めている情報を伝えます。

会社の概要や企業理念はもちろん大切です。
しかし、今の学生の心をつかむためには「社食が美味しい」、「月一回の社内イベント」、「ユニークな福利厚生」など惹きつけられる情報を伝えてあげることも必要です。

よりよいプレゼンで学生の心をつかむ

会社説明会において人事担当者に求められるのがプレゼン能力です。
同じ内容でも「誰が」、「どのように」話すかで心への響き具合も変わります。

①表情 目を大きく開き、口角を少し上げた表情をベースにする。(オープンフェイス)

②アイコンタクト スクリーンや手元資料を見続けるのはNG。
会場にいる学生一人ひとりの表情を見ながら話す。
会場の左奥からZ字を描くように見ることで好感度アップにつながる。

③動き スクリーンに対してポインタを使わず手先で指し示したり、比較や流れを伝える際には両手、体全体を使う。

④声量 小さいのはNG。大きければ大きいほどいい。

⑤メリハリ 終始一定のペースでプレゼンを進めないように注意する。
表情、動き、声量を話の中身の重要度に応じて変化させていく。
よりよいプレゼンのために、押さえておくといいのがこの5つの要素です。
採用担当者の印象は企業への印象に直結する大切なもの。会社説明会の満足度を高めるためにも採用側がプレゼン力を磨いておくことは必須条件です。

その他注意点

会社説明会を開く上で気をつけておきたいポイントは他にもあります。

・備品の確認
・事前資料のチェック(スクリーン、ノートパソコン、プロジェクターなど)
・タイムスケジュールの確認

これらの項目は基本的なチェックポイントとして押さえておきます。しかし、説明会当日には想定外のハプニングが起こる場合もあります。臨機応変に対応できるような柔軟な心の準備も大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
会社説明会において、企業の人事担当者が押さえておくべきポイントを紹介してきました。

学生が企業を選ぶように、企業もまた学生に選んでもらう立場です。
会社説明会の精度を高めることは企業側、学生側ともにミスマッチを防ぎ、魅力的な人材を確保することにつながります。

採用活動の足がかりとなる会社説明会。
今回紹介したポイントを参考にしながら、考えてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に。

06-6344-4890

ブリーゼプラザ内

受付時間:9:00~17:00 営業時間:9:00~21:00

ブリーゼプラザ内のお問い合わせフォームとなります
topへ戻る